鳥栖市、サガンなど支援

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鳥栖市は2日、新型コロナウイルスの影響で打撃を受けているサッカーJ1・サガン鳥栖などへの支援策を発表した。ホームでの公式戦開催に伴う経費などを支援する方針で、今月中に開かれる予定の市議会臨時会に関連経費を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を提案する。

 市は、駅前不動産スタジアムで行われる試合のスポンサーなどとして支援することを想定。また、同スタジアムや選手が練習する北部グラウンド、クラブハウスなどの使用料の一部も減免する。

 ホームゲーム開催に関する支援では、同市を本拠地とするバレーボールのVリーグ1部女子・久光製薬スプリングスも対象に含める。支援策全体で数千万円規模になる見込みという。

 サガンの運営会社「サガン・ドリームス」の2019年度決算は20億円を超す赤字になっているが、橋本康志市長は「あくまでもコロナ対策での支援策で、経営支援ではない」と説明している。

無断転載・複製を禁じます
1316003 0 ニュース 2020/07/03 05:00:00 2020/07/03 05:00:00 2020/07/03 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ