不登校の子どもを支援 きょう 上峰にセンター開設

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1日に開所する上峰町子ども支援センター
1日に開所する上峰町子ども支援センター

 上峰町教育委員会は1日、不登校や学校になじめない児童・生徒に、学習支援や教育相談などを行う「町子ども支援センター」を開設する。学校以外の居場所を作り、カウンセリングなどを通して対人関係の改善を図り、学校への復帰を支援する。

 センターは、町図書館が入る「ふるさと学館」2階で約130平方メートル。個別指導を行う部屋、子ども同士が交流するスペース、事務室に分かれている。町教委教育課の職員や指導主事ら3人のうち、1人が相談員として常駐。小中学校とも連携し、状況に応じてスクールカウンセラーやソーシャルワーカーらも相談に応じるという。

 30日には、センターの内覧会が行われ、武広勇平町長や野口敏雄教育長、学校関係者らが見学した。野口教育長は「将来的には、発達障害などの療育支援も含め、幼児から高校生まで幅広くサポートしていきたい」と話した。

 センターは火~金曜の午前8時半~午後4時半に開所する予定。施設見学や相談などの問い合わせは教育課(0952・52・3908)へ。

無断転載・複製を禁じます
1512546 0 ニュース 2020/10/01 05:00:00 2020/10/01 05:00:00 2020/10/01 05:00:00 1日に開所する上峰町子ども支援センター https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200930-OYTNI50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ