読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鳥インフル 県がフェーズ引き上げ 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は25日、福岡県宗像市で鳥インフルエンザが発生したことを受け、独自の指針に基づく対応フェーズを「0」から「2」に引き上げた。庁内連絡会議や市町の担当者らを集めた緊急対策会議も佐賀市内で開き、「県内発生に備え、緊張感を高めてほしい」と呼びかけた。

 宗像市の養鶏場で確認された鳥インフルエンザでは、同日から約9万3500羽の殺処分が始まった。今月に入り、香川県でも発生が相次いでおり、佐賀県は、県内の養鶏農家に消毒用の消石灰を配布するなど対策を強化してきた。

 この日の関係部署の担当者らによる庁内連絡会議では、他県の状況などについて情報を共有。畜産課の森隆幸課長は「防疫対策に全力を注ぎながら、それぞれ発生時の初動対応などを確認することが大事だ」と述べた。

 同課によると、フェーズ2ではこれまでと同様、農家が関係者以外の立ち入り制限や車両消毒などの対策を徹底し、ウイルスの侵入を防止。加えて家畜保健衛生所の職員が農家に聞き取り調査を行い、鶏の健康状態を確認するという。

 県内では江北町の養鶏場で2017年2月に鳥インフルエンザが発生し、約7万羽が殺処分されている。

無断転載・複製を禁じます
1653052 0 ニュース 2020/11/26 05:00:00 2020/11/26 05:00:00 2020/11/26 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)