読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

肥前浜駅に日本酒バー あすオープン 鹿島の6蔵飲み比べ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿島市のJR肥前浜駅内に、市内の6蔵の銘酒を飲み比べできる日本酒バー「HAMA BAR」が11日オープンする。県が約1100万円を投じ、駅の多目的スペースの内装を改修して整備。運営は、地元のNPO法人・肥前浜宿水とまちなみの会が担う。観光客らが気軽に立ち寄って地酒を楽しむ場所になりそうだ。

 駅周辺の「肥前浜宿」は、複数の酒蔵が立ち並び、酒造りが盛んな地域。同NPOは、JR佐賀駅構内で地酒を提供している「SAGA BAR」を参考に、肥前浜駅での開設を目指し、県に協力を求めた。

 HAMA BARでは、約30平方メートルのスペースに、立ち飲み用のカウンターやテーブルを設置。おつまみ付きの3種飲み比べセット(税込み600~1000円)のほか、家庭料理やカフェメニューなども提供する。

 同駅には、JR九州の観光列車「36ぷらす3」が毎週月曜の午後に約1時間停車する。降り立った乗客に地酒を満喫してもらうスポットとして期待され、観光客と蔵人が交流できる拠点にもしたい考えだ。

 来年秋に九州新幹線長崎(西九州)ルートの武雄温泉―長崎間が開業。その後は、肥前浜駅を含むJR長崎線の一部区間は並行在来線となり、減便による地域の衰退が懸念されている。8日、オープンを前に内見会が開かれ、同NPOの中村雄一郎事務局長(71)は「沿線の活性化につなげたい」と話していた。

 営業時間は月~木曜が午前11時~午後5時。金~日曜が午前11時~午後8時。11日は午後0時半からオープニングイベントを行う。問い合わせは同NPO(0954・69・8004)へ。

無断転載・複製を禁じます
1758962 0 ニュース 2021/01/10 05:00:00 2021/01/10 05:00:00 2021/01/10 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)