読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「塩田川口」「温泉口」出入り口に愛称 新幹線・嬉野温泉駅

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR九州は3日、2022年秋に嬉野市で開業予定の九州新幹線長崎(西九州)ルート・嬉野温泉駅の出入り口の愛称について、東口を「塩田川口」、西口を「温泉口」に決めたと発表した。

 愛称の設定は、親しまれる駅づくりの一環で同市がJR側に要望していた。東口は、駅東側を流れる市の中心河川・塩田川に由来する。西口は、市が手湯や足湯を駅前に整備する予定であるのを踏まえた。愛称は駅舎内の案内表示などに記載される。

 同時期に武雄市で開業する新幹線・武雄温泉駅の出入り口の愛称について、同市は、現在の在来線の愛称(北口=楼門口、南口=御船山口)をそのまま使うことにしている。

無断転載・複製を禁じます
1886785 0 ニュース 2021/03/05 05:00:00 2021/03/05 05:00:00 2021/03/05 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)