読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

吉野ヶ里人の復顔像公開 出土人骨基に、大友人と比較

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公開された復顔像(左が吉野ヶ里人。右は大友人)
公開された復顔像(左が吉野ヶ里人。右は大友人)

 国の特別史跡・吉野ヶ里遺跡から出土した骨についての研究成果に関する講演会(県主催)が6日、吉野ヶ里歴史公園(神埼市、吉野ヶ里町)で開かれた。同遺跡などで見つかった人骨を基にした復顔像2体が公開された。2体は7~21日、同公園内に展示される。

 同遺跡では、弥生時代前期~中期とみられる人や動物の骨が多数出土。今回の復顔像の製作は、佐賀大医学部の川久保善智助教(解剖学)らが担当した。

 1体(吉野ヶ里人)は、同遺跡で1979年に発見された頭蓋骨を、別の1体(大友人)は大友遺跡(唐津市)から出土した頭蓋骨をそれぞれ基に作り、違いを調べることにした。コンピューター断層撮影法(CT)のデータや3Dプリンターを使って模型を製作。それを粘土や樹脂で成形した。

 講演で川久保助教は、比較結果を説明。吉野ヶ里人は、眉間から上顎までが約7~8センチで、縄文人に近い特徴を持つとされる大友人より少し長いという。「吉野ヶ里人は顔が長く、平たい点など典型的な渡来人の特徴が見られる」と語った。

 続いて東京大総合研究博物館の米田穣教授(先史人類学)が講演。吉野ヶ里遺跡で出土した人骨の特徴から、「水稲が重要な食料資源だったと考えられる」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1891048 0 ニュース 2021/03/07 05:00:00 2021/03/07 05:00:00 2021/03/07 05:00:00 公開された復顔像 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210306-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)