読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大町町、カラオケ自粛事業者に協力金

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県内のカラオケ喫茶で新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が相次いでいることを受け、大町町は10日、町内の事業者にカラオケの自粛を呼びかけ、応じた店舗に最大15万~30万円の協力金を支給すると発表した。期間は12日から4月10日まで。

 町によると、協力店を示すチラシの掲示と、少なくとも3月中の20日間は自粛することが条件。4月の10日間は、感染状況などから継続するか判断する。

 対象は町内の全8店。このうちカラオケ店1店は全面休業となるため、協力金は1日当たり1万円。残るカラオケ喫茶とスナックの計7店は飲食の提供ができるため、同5000円としている。事業費は135万円で、一般財源の予備費を充てる。

無断転載・複製を禁じます
1901432 0 ニュース 2021/03/11 05:00:00 2021/03/11 05:00:00 2021/03/11 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)