読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

聖火リレーの熱狂振り返る 前回東京五輪の資料展 県公文書館

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

写真などが並ぶ聖火リレーの資料展
写真などが並ぶ聖火リレーの資料展

 1964年東京五輪の聖火リレーを写真などで振り返る資料展が、佐賀市城内の県公文書館(県庁南館2階)で開かれている。9、10日に県内で行われるリレーに合わせ、同館が企画した。8月1日まで。

 同館によると、県内では64年9月15、16日にリレーを実施。長崎県から引き継いだ後、現在の有田町を東に進み、佐賀市や鳥栖市などを通って基山町で福岡県につないだ。正走者43人が2日間で計83・5キロを走ったという。

 資料展では、警察車両に先導されて県内各地を駆け抜ける走者や、沿道で旗を振って応援する人たち、佐賀市内で行われた聖火の歓迎式典の様子などを収めた写真が展示されている。当時のニュース映像も見ることができ、県民らの熱狂ぶりが伝わってくる。ルート地図や解説パネルもある。入場無料。

 同館の江藤美紗さん(35)は「前回の東京五輪の際、県内がどのように盛り上がっていたのか、資料を通じて感じてもらえたらうれしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
2026707 0 ニュース 2021/05/03 05:00:00 2021/05/03 05:00:00 2021/05/03 05:00:00 写真などが並ぶ聖火リレーの資料展=山田伸彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYTNI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)