読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

西宮社社殿再建へ催し 放火で全焼 支援呼びかけ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年11月に放火事件で全焼した佐賀市北川副町光法の神社「西宮社」社殿の再建に向けて、地元住民らでつくる委員会は31日、同神社で「 夏越なごしはら い」の祭りやイベントを開いた。

 住民らは2月、再建費用を集めるために委員会を結成。クラウドファンディングの活用で、再建のシンボルとする「たちあがりえびす」像の建立も目指し、離れた場所に住む出身者や若い人にも支援を呼びかけている。

 今回の祭りやイベントは、活動をもっと知ってもらおうと開催。これまで夏祭りを開いていなかったが、再建への願いを込め、 の輪くぐりなどを初めて実施した。また、木登り体験なども企画した。家族で訪れた近くの宮崎文都さん(36)は「地域での行事は少なくなっているので、うれしい」と話していた。

 委員会のメンバーである松尾 祐智まさのり さん(53)は「出張から戻ってきたら、社殿がなくなっていてショックだった」と当時を振り返り、委員会事務局の大野博之さん(57)は「再建は地域の復興にもつながる」と語った。

 社殿は、2023年の創建850周年に合わせて完成予定。寄付の問い合わせは西宮社の日吉高明宮司(090・1081・9782)へ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2251439 0 ニュース 2021/08/01 05:00:00 2021/08/01 05:00:00 2021/08/01 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)