障害ある子も楽しんで インクルーシブ遊具 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

静電気を防ぐ滑り台や日よけを設けた遊具エリア
静電気を防ぐ滑り台や日よけを設けた遊具エリア

 神埼市の桜の名所「日の隈公園」に19日、障害のある子もない子も楽しめるインクルーシブ遊具を取り入れた公園がオープンする。市は「年齢や性別に関係なく楽しんでほしい」と話している。

 市によると、県内でインクルーシブ遊具を導入した公園は初めてという。日光アレルギーに配慮して遊具に日よけをつけたほか、静電気による人工内耳への悪影響を防ぐため、滑り台をステンレス製にするなどしている。また、大人向けの健康遊具エリアや、6~12歳を対象にした大型複合遊具エリアもある。

 事業費は約6700万円。当初は2月に開園する予定だったが、海外からの資材輸送が新型コロナウイルスの影響などで遅れたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2847922 0 ニュース 2022/03/19 05:00:00 2022/03/19 05:00:00 2022/03/19 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220318-OYTNI50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)