文字サイズ

    大宮駅「ホーム下で寝泊まり」

    建造物侵入容疑 専門学生逮捕

     大宮署は9日、久喜市古久喜、専門学校生・小暮陸容疑者(20)を建造物侵入容疑で逮捕した。発表によると、小暮容疑者は同日午後0時20分頃~1時半頃、さいたま市大宮区のJR大宮駅で、レールの脇にあるホーム下の空洞に侵入した疑い。

     同署の調べに対し、小暮容疑者は「ホームの下に入り込んで寝泊まりしていた。就職のことで悩んでいて家に帰りたくなかった」などと供述しているという。

     同署によると、同日午後1時5分頃、現在は使われていない12番線ホームの下から煙が出ているのを駅員が見つけて119番した。同署員や消防隊員が駆けつけて煙の出所を捜したところ、ホーム下の空洞で小暮容疑者が座っているのを見つけた。大宮消防署によると、空洞には角材やごみなどが燃えた跡があったという。

     JR東日本大宮支社によると、安全確認のため湘南新宿ライン下り電車3本に最大約35分の遅れが出て、約1700人に影響した。

    2019年01月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て