自転車よりどりみどり、130社見本市…さいたまで2月

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自転車の祭典「埼玉サイクルエキスポ2019」が2月16、17日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開かれる。初心者から上級者まで幅広い年代の人たちに自転車の魅力を伝えようと、県などでつくる実行委員会が主催し、今年で6回目。入場無料。

 国内外の有名メーカーなど約130社がブースを設けて、スポーツサイクルや折りたたみ自転車、電動アシスト自転車など様々な自転車を販売する。来場者は会場近くの道路で試乗もできる。

 2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技について、有識者が見所や楽しみ方を伝える講座を開く。子どもたちに自転車の安全な乗り方やルールを教える教室も開催する。

 県内は平野部が多く、県民の自転車保有率が高いことから、県は自転車専用道路やサイクリングロードの整備に力を入れている。

 開催時間は午前9時~午後5時で、17日は午後4時まで。

295978 0 ニュース 2019/01/24 05:00:00 2019/01/25 11:04:31 2019/01/25 11:04:31

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ