ベトナム旧正月日本でも

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ベトナムの民族衣装アオザイを着て踊りを披露する女性たち(10日、川口市本町で)
ベトナムの民族衣装アオザイを着て踊りを披露する女性たち(10日、川口市本町で)

 ベトナムの人々が旧正月を祝う催しが10日、川口市本町のカトリック川口教会で行われた。県内外から多くのベトナム人らが集い、民族衣装のアオザイを着た女性たちによる踊りや、ベトナムの歌などを楽しんだ。

 ベトナム出身で同教会のシスター、レ・ティ・ランさん(55)が「日本でも祖国の文化や習慣を大切にしてほしい」と10年ほど前から旧正月を祝う催しを行っている。

 この日は、県内のほか、東京都や茨城県などから、ベトナムやフィリピン出身の人たちが集まった。聖堂でミサを行った後、地元の子供会による太鼓の演奏や、ベトナム出身の若者たちの歌や踊りが披露され、会場を盛り上げた。ベトナムのサンドイッチ「バインミー」や米粉麺「フォー」などの料理も販売された。

 ランさんたちが教会で開いているベトナム人向けの日本語教室や法律相談会に協力する地元の人らへ、感謝の思いを伝えるセレモニーも行われた。

 東京都大田区から来たホアン・クオック・ヒエンさん(27)は「日本に来て4年目になるが、旧正月を祝ったのは本当に久しぶり。母国の言葉が聞けて本当に楽しいですね」と笑顔だった。

438964 0 ニュース 2019/02/11 05:00:00 2019/02/11 05:00:00 2019/02/11 05:00:00 ベトナムの民俗衣装アオザイを着て踊りを披露する女性たち(10日、川口市本町で)=小林岳人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190210-OYTNI50054-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ