梅600本春香る丘 秩父ミューズパーク

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

様々な梅の花が咲き乱れる梅園(15日、秩父ミューズパークで)=山田博文撮影
様々な梅の花が咲き乱れる梅園(15日、秩父ミューズパークで)=山田博文撮影

 秩父市の秩父ミューズパーク「文化の森梅園」で梅の花が見頃になっている。

 梅園は丘陵地の斜面にあり広さ約1万5000平方メートル。「白加賀」「豊後」「唐梅」など15種類約600本が咲き誇り、春の香りを漂わせている。

 川越市から来たという女性(81)は「桜もいいけど、年を取ると見頃の長い梅のほうがいい」と話していた。管理事務所によると、今月下旬まで楽しめるという。

491732 0 ニュース 2019/03/16 05:00:00 2019/03/16 05:00:00 2019/03/16 05:00:00 15種類600本が咲き乱れる梅園(15日、秩父ミューズパークで)=山田博文撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190315-OYTNI50082-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ