ロビイスト猫知事面会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ロビイスト猫のジャンヌダルク(23日、県庁で)
ロビイスト猫のジャンヌダルク(23日、県庁で)

 動物愛護団体「ヒューマン&アニマル・ライツ機構」(東京都)のメンバーらが23日、ロビイスト猫「ジャンヌダルク」(6歳、雌)と共に県庁を訪れた。

 ジャンヌダルクは同日、上田知事と面会。上田知事は、県農業技術研究センター(熊谷市)が、アライグマ専用の箱わなを新潟県のメーカーと共同開発し、販売したことを評価する「感謝状」を受け取った。猫などの捕獲を避けることができるようになったことが理由といい、上田知事は猫からの感謝状に驚いた様子だったという。

 同団体は動物の「殺処分ゼロ」を目指す活動を行っており、ジャンヌダルクはこれまでに菅官房長官や麻生財務相ら多くの国会議員とも会っている。

無断転載禁止
759487 0 ニュース 2019/08/24 05:00:00 2019/08/24 05:00:00 2019/08/24 05:00:00 県庁を訪問したジャンヌダルク。(23日、県庁で)=福田麻衣撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190823-OYTNI50050-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ