台風影響か野鳥死骸3000羽 スズメやムクドリ さいたまなど11市町

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 強い台風15号が県に接近した9日、県内11市町で野鳥の死骸が計約3000羽見つかったことが県への取材で分かった。鳥インフルエンザのウイルス検査は陰性だったという。山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の平岡たかし専門員は「夜中の暴風雨で、安全な場所に避難できなかったり、急激に体温を奪われたりした複数の要因があったのではないか」と話している。

 県みどり自然課によると、9日夜までに、さいたま市や坂戸市、滑川町などで計約3000羽のスズメやムクドリの死骸が見つかった。坂戸市の東武東上線北坂戸駅周辺では、歩道や植え込みで約360羽が死んでいたという。県は死骸を検査し、詳しい原因を調べている。

 平岡専門員によると、この時期は、今年の春から夏に巣立ったばかりの若い鳥が多く、身を守るすべを十分に身につけていない個体が多いといい、「広い範囲でここまで大量死するのは非常に珍しい。複数の要因が重なって引き起こしたのではないか」としている。

無断転載禁止
788651 0 ニュース 2019/09/11 05:00:00 2019/09/11 05:00:00 2019/09/11 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ