がんゲノム医療の未来は

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

がんのゲノム研究について説明する大平主幹(伊奈町の県立がんセンター臨床腫瘍研究所で)
がんのゲノム研究について説明する大平主幹(伊奈町の県立がんセンター臨床腫瘍研究所で)

 連続市民講座「未来を照らす―知の最前線―」(埼玉大、読売新聞さいたま支局共催)の第6回講座が23日、埼玉大(さいたま市桜区)で行われる。「DNAからがんの性質を探る―ゲノム研究の進展とがんゲノム医療への応用―」をテーマに、県立がんセンター臨床腫瘍研究所(伊奈町小室)の大平美紀主幹が講演する。

 大平主幹は小児がんのゲノム解析の研究が専門。今回の講座では、がんの遺伝子検査に関する研究の30年間の歴史をたどり、最先端のがんゲノム医療について解説する。

 がん細胞は、染色体の遺伝子に関する部分が喫煙や紫外線などによって変化や欠損などを起こすことで生じる。年齢を重ねるにつれて染色体の損傷が蓄積され、がんになりやすくなるが、中には親から子へ伝わる遺伝性のがんもあることが分かっている。

 2000年代にはヒトゲノムの解析が完了し、遺伝子を高速で読み解く解析装置「次世代シークエンサー」が登場した。この装置を使い、一度に多くの遺伝子の変化を分析する「パネル検査」では、がんの性質に合わせて適切な薬や治療法も調べられる。

 大平主幹は「ここ十数年で飛躍的にDNAの解析スピードが上がった。ゲノム研究が少しずつ個別の医療に還元できるようになってきた」と指摘する。

 講演後、がん予防が専門の同大大学院理工学研究科の菅沼雅美教授とパネルディスカッションを行い、最新のがん研究や今後の研究の行方について話し合う。

 会場は埼玉大の全学講義棟1号館3階1の301講義室で午後2時~3時50分。定員350人で無料。講義の手話通訳も行う。満席の場合、別室にモニターを用意する。問い合わせは、同大広報渉外室(048・829・7672)へ。

無断転載禁止
911807 0 ニュース 2019/11/22 05:00:00 2019/11/22 05:00:00 2019/11/22 05:00:00 がんのゲノム研究について説明する大平主幹(18日午後2時44分、三芳町の県立がんセンター臨床腫瘍研究所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191121-OYTNI50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ