多選自粛廃止案など提出 県議会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県議会12月定例会が2日開会した。県は上田清司・前知事が2004年に制定した自身の任期を3期12年に限る多選自粛条例を廃止する条例案や、台風19号の復旧費を柱とする総額約231億円を追加する2019年度一般会計補正予算案など20議案を提出した。

 大野知事は2日の県議会で、多選自粛条例について「前知事の退任によって実質的な効力が失われている」と述べ、廃止条例案を提出した理由を説明した。

 上田氏は条例に反して15年の知事選に立候補し、4選を果たした。このため自民党県議団が「条例破りだ」と猛反発し、上田氏との対立が深刻化した。廃止条例案への対応について、同県議団の小島信昭団長は2日、記者団に「色々な角度でみて団内で調整していく」と述べた。

 県は会期最終日の20日、正智深谷高校出身でラグビー・ワールドカップ日本代表として活躍したバルアサエリ愛選手(30)への「彩の国功労賞」贈呈に同意を求める議案も追加提出する。一般質問は6日と9~12日。

無断転載禁止
930108 0 ニュース 2019/12/03 05:00:00 2019/12/03 05:00:00 2019/12/03 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ