新型コロナ最多74人 初の70人台 同じ部活で感染も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県内では1日、新たに74人の新型コロナウイルスの感染が確認された。1日当たりの感染者数が初めて70人を超え、最多だった7月23日の64人を上回った。新規感染者の内訳は、県発表が53人、さいたま市が5人、川口市が12人、川越市が1人、越谷市が3人。感染者は累計2387人となった。県の担当者は「しっかりした感染症対策をしないと、この傾向は続く。増えていく可能性は十分ある」と指摘し、感染防止策の徹底を呼びかけている。

 県の発表によると、クラスター(感染集団)が発生している白岡市の障害者支援施設「太陽の里」の女性入所者(30歳代)の感染が新たに判明し、同施設関係の感染者は計14人となった。

 川口市が発表した感染者のうち少なくとも、アルバイトの男性(20歳代)や男性会社員(40歳代)ら計4人が都内に通勤していた。さいたま市では同市に住む10~80歳代の男女の感染が確認された。

 県教育委員会は新規感染者の中に、県立大宮高校(さいたま市大宮区)の生徒と県南部にある県立学校の児童生徒が含まれると発表した。大宮高校では同じ部活動に所属する生徒2人が感染。1人目の感染は7月31日に判明したという。

 県によると、1日夕現在、入院者は指定医療機関が77人、一般医療機関が197人。ホテル療養は82人、自宅療養は64人。医療機関の退院やホテル・自宅療養の終了者は1819人。死者は74人。

無断転載・複製を禁じます
1380899 0 ニュース 2020/08/02 05:00:00 2020/08/02 05:00:00 2020/08/02 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ