ノートが結ぶ店と客の絆 被害受け閉店上尾のうどん店

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

かつての常連客からのメッセージが寄せられているノートと松崎さん夫妻(両端)ら(上尾市平方で)
かつての常連客からのメッセージが寄せられているノートと松崎さん夫妻(両端)ら(上尾市平方で)

 

訪ねる常連味懐かしむ声

昨年10月の台風19号で床上浸水の被害を受け、閉店した上尾市平方の老舗手打ちうどん店「川岸屋」の店先に「思い出ノート」が置かれている。戦前から続く店はうどんともつ煮が評判だった。のれんが出ていない店の前には「ひょっとして再開しているのでは」と思い、訪ねてくるかつての常連の姿がある。ノートには、店の味を懐かしむ、そうした人たちの声が次々と書き込まれている。(大月美佳)

 「いつの日かまた食べられるのを待っています」「おいしいうどん、忘れません」――。A4判のノートに寄せられたメッセージに、夫の松崎卓通たくみちさん(76)と50年以上、店を切り盛りしてきた康子さん(76)は「このノートは宝物。水のせいで出来なくなっちゃうなんて悔しいよ」と目を赤くした。

 卓通さんは、店に併設する家で生まれ育った。店の創業時期は卓通さんもはっきり「わからない」というが、物心がついた頃には祖母が営んでいた。県道川越上尾線の開平橋に近い、その名の通り荒川の流れが見える川岸にある店は、河川敷を走る自転車愛好家らに人気だった。

 大雨でたびたび浸水することはあったが、昨年の台風19号では荒川の増水で高さ3メートルまで水が押し寄せ、皿や調理具はすべて泥だらけになった。卓通さんと康子さんは公民館に避難した後、約2キロ離れた賃貸住宅に身を寄せた。

 それ以来、毎朝4時からうどんを打ち、6~7キロ・グラムのもつ煮を作ってきた卓通さんの日常は一変した。

 被災後、店を再開するつもりで改修工事の見積もりを取った。再開に向けて店裏の作業小屋を解体した今年1月、卓通さんは脳出血で倒れ、約3週間入院した。「一生懸命頑張ったんだからもういいじゃない」。退院後、きょうだいに説得され、再開を断念した。

 5月には店に貼り紙をして閉店を知らせた。だが、その後も閉店を知らない客が店を訪ねてきた。6月に知人の勧めでノートを置くと、そんな人たちからメッセージが寄せられるようになった。

 卓通さんは今も毎日のように店に通う。ノートに目を通し、掃除をしたり、草をむしったりしている。すると、前を通りかかった客が「まだ再開しないんですか」と声を掛けてくれる。

 店には皿一枚残っていない。天井には、泥水で浮いて張り付いたおしぼりや名刺がそのままになっている。あの日から12日で1年。「店があるから頑張っていられるのは今も同じ。諦めきれない気持ちがある」と卓通さんはノートを見つめた。

無断転載・複製を禁じます
1538437 0 ニュース 2020/10/11 05:00:00 2020/10/11 05:00:00 2020/10/11 05:00:00 かつての常連客からのメッセージが寄せられているノートと松崎さん夫妻(両端)ら(上尾市平方で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201010-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ