果実大きめユズ豊作 毛呂山

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

最盛期を迎えたユズの収穫(18日、毛呂山町で)
最盛期を迎えたユズの収穫(18日、毛呂山町で)

 ユズの栽培が盛んな毛呂山町で、12月21日の冬至を前に、収穫の最盛期を迎えている。

 JAいるま野によると、同町では奈良時代にユズの栽培が始まった。現在は50軒ほどの農家が生産している。今年の収穫量は計50トンほどを見込んでおり、12月下旬まで収穫が続くという。

 同JA毛呂山柚子ゆず部会の市川覚会長(72)は「今年は豊作で、果実が大きい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1636803 0 ニュース 2020/11/19 05:00:00 2020/11/19 05:00:00 2020/11/19 05:00:00 豊作に恵まれたユズを収穫するボランティア(18日午前10時19分、毛呂山町で)=杉木雄斗撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201119-OYTNI50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ