読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

浦和ファンの店昼も営業

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「酒蔵力」5店舗で

ランチで一番人気の豚角煮丼(30日、酒蔵力 浦和本店で)
ランチで一番人気の豚角煮丼(30日、酒蔵力 浦和本店で)

 サッカーJ1・浦和レッズのサポーターが集う「酒蔵りき 浦和本店」(さいたま市浦和区)は、緊急事態宣言の発令で閉店時間を午後8時に早めたことで、ついにランチ営業を始めた。開店時間を4時間早めて午前11時とし、定食を提供している。

 店は熱烈なサポーターが酒を飲みながら試合を観戦するのが有名で、深夜までにぎわっていた。しかし、新型コロナの影響で、昨年の売り上げは前年比3割減に。再度の緊急事態宣言でさらに売り上げ減が見込まれることから、1月12日からランチと弁当販売を始めた。

 ランチはあんかけひき肉をのせた「赤スタカレー丼」や「豚角煮丼」など日替わりメニュー(税込み600円から)を用意。一番人気の豚角煮丼は、栃木県産「那須高原豚」を圧力鍋で煮込み、割り箸で簡単に切れる軟らかい角煮をのせた。

 浦和本店や大宮西口店、大宮東口駅前店など計5店舗で提供している。今井俊博店長は「夜に大勢で酒を飲み交わすことは難しいが、昼に力の料理を楽しんでほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1808861 0 ニュース 2021/01/31 05:00:00 2021/01/31 05:00:00 2021/01/31 05:00:00 昼食時に、豚角煮丼などを提供している(30日午後0時15分、さいたま市浦和区で)=立原朱音撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210130-OYTNI50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)