ふるさと納税で支援募る 吉川市 ウクライナ向けに

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシアの軍事侵攻を受けたウクライナを支援するため、吉川市は14日、ふるさと納税制度を活用した寄付金集めを始めた。今後、避難民を受け入れた場合の費用に充てるほか、同国への物資支援、医療や保健、子どもの保護など人道支援に使うことも検討している。

 「ふるさとチョイス」のサイトで同市を選び、「ウクライナ緊急人道支援」から2000円単位での寄付となる。返礼品はないが、住民税などの控除は受けられる。期間は今月31日まで。ふるさと納税を使った寄付金の募集は、兵庫県や大阪府泉佐野市などが始めている。

 ウクライナを支援する募金活動は県内でも多くの自治体が行っており、県国際課がホームページ(https://www.pref.saitama.lg.jp/a0306/ukraine.html)に一覧を掲載している。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2836071 0 ニュース 2022/03/15 05:00:00 2022/03/15 05:00:00 2022/03/15 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)