ワクチン管理ミス吉川市3000回分廃棄

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 吉川市は18日、温度管理のミスで米モデルナ製ワクチン2250~3000回分(小瓶150本)を廃棄したと発表した。市職員が15日、市内の医療機関にある冷凍庫に入れた際、本来はマイナス20度前後に設定すべき温度をマイナス35度前後にしていたという。16日にミスに気付いた。

 接種予約者にはほかのものを使っており、影響は出ていないという。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2848454 0 ニュース 2022/03/19 05:00:00 2022/03/19 05:00:00 2022/03/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)