コロナ終息願い舞奉納 雅楽師・東儀秀樹さん

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナの早期終息を願って神楽舞を奉納する東儀秀樹さん(左)。右は長男の典親さん=竹田淳一郎撮影
新型コロナの早期終息を願って神楽舞を奉納する東儀秀樹さん(左)。右は長男の典親さん=竹田淳一郎撮影

 所沢市のところざわサクラタウン内にある武蔵野巫令和(むさしのれいわ)神社で2日、新型コロナウイルスの早期終息を願う「 鎮花祭ちんかさい 」が開かれ、雅楽師で 篳篥ひちりき 奏者の東儀秀樹さんが神楽舞を奉納した。

 鎮花祭は春になり、花びらが散る時に疫病が分散してはやり病を起こすのを鎮めるために行う儀式で、約2000年の歴史があるとされている。

 神前で東儀さんは、雅楽の楽器「 しょう 」を奏でる長男の典親さん(15)と共に舞台に立ち、篳篥の演奏や勇壮な神楽舞を参列者に披露した。

 舞を終えた東儀さんは「コロナ禍で私自身も仕事がなくなり、不安ばかりだったが、我慢をすることで発見もあった。今回の儀式に参加したことで新たな光に向かって進んでいける思いになれた」と爽やかな表情で語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2889233 0 ニュース 2022/04/03 05:00:00 2022/04/03 05:00:00 2022/04/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220402-OYTNI50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)