読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

駅舎再生 にぎわい拠点に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

近江鉄道

交流施設を併設した日野駅(日野町で)
交流施設を併設した日野駅(日野町で)
日野駅構内の「なないろ」で演奏するバンド(日野町で)
日野駅構内の「なないろ」で演奏するバンド(日野町で)

 1914年築の木造駅舎、近江鉄道・日野駅(日野町)には、交流施設「なないろ」が併設されている。日によってカフェになったりバーになったり。住民らが「日替わり店長」を務め、地域の活性化に一役買っている。

 2月上旬、駅舎にサックスやフルートの音色が響いた。月数回、趣味のバンド活動を兼ねてカフェ「茶店ちゃちゃ」を営業する岡雅子さん(63)らによる演奏だ。岡さんは「他府県から訪れた音楽家が飛び入り参加することもある」と笑顔を見せる。

 日野駅が、住民や利用客の憩いの場となったきっかけは、駅舎解体の計画が浮上した2015年のこと。基礎部分の腐食、雨漏りなど老朽化が目立ち、近江鉄道は簡易な駅舎への建て替えを検討していた。

 町内唯一の鉄道駅として長年親しんできた住民は反対。町と商店主、住民らが話し合いを重ね、16年度から「再生プロジェクト」を進めることになった。

 町の予算で、昔の面影を残しながら耐震改修などを施して駅舎を保存、再生した。17年10月に観光案内施設を兼ねた「なないろ」がオープン。住民ら約20人でつくる一般社団法人「こうけん舎」が運営している。

 20年には、レトロな駅名標や、国内で数台しか現存しないという車両移動機「タッグローダー」などを集めた鉄道資料展示室が完成した。全国から8500万円もの寄付を集め、1億3700万円の事業費でプロジェクトを実現した。

 近江鉄道ではほかにも、愛知川駅(愛荘町)、多賀大社前駅(多賀町)など6駅で、駅舎の一部が名産品の展示や朝市などに活用されている。

 こうけん舎代表理事の西塚和彦さん(63)は「駅は多くの人が出入りするので、にぎわい作りの拠点として便利。活動を通じて、近江鉄道がより身近な存在になり、利用促進につながればうれしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1861058 0 New門@滋賀 2021/02/23 05:00:00 2021/02/23 05:00:00 2021/02/23 05:00:00 観光交流施設に利用されている近江鉄道日野駅(日野町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210222-OYTAI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)