スノーマンに「着替え」 甲賀

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スノーマン姿になった巨大タヌキ(甲賀市で)
スノーマン姿になった巨大タヌキ(甲賀市で)

 甲賀市信楽町の信楽高原鉄道信楽駅前に設置されている名物の巨大タヌキ(高さ5.3メートル)が4日、雪だるまをイメージした「スノーマン」姿に変身した。

 四季折々の衣装で信楽焼の産地をPRするため、信楽町観光協会が実施。協会のメンバー7人が、白い服に黒いボタンの付いた衣装を着せ、首に赤いマフラーを巻き、頭には紺色のバケツをのせるなどし、約30分で〈着替え〉を完成させた。

 今月下旬まで観光客らを出迎える。同協会の奥田隆次・企画委員長は「まだまだ寒さは厳しいが、スノーマン姿を見てほっこりして」と話していた。

無断転載禁止
424171 0 ニュース 2019/02/05 05:00:00 2019/02/05 05:00:00 2019/02/05 05:00:00 スノーマン姿になった巨大タヌキ(甲賀市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190205-OYTNI50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ