「ももクロ」縁 3市連携

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東近江/埼玉・富士見/富山・黒部

調印式を終えた小椋・東近江市長(左から2人目)や高城さん(同4人目)ら(埼玉県富士見市で)=東近江市提供
調印式を終えた小椋・東近江市長(左から2人目)や高城さん(同4人目)ら(埼玉県富士見市で)=東近江市提供

 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」と自治体が共催して数万人を集めるイベント「ももクロ春の一大事」を開いた東近江市など3市が13日、地域連携協定を締結した。

 埼玉県富士見市役所で行われた調印式にはももクロメンバーの高城れにさんも立ち会った。富士見市、昨春の東近江市、今春にイベントを開く富山県黒部市の3市長が協定書を交わした。

 今後、開催自治体などが集まるイベント「ももクロ春の一大事」サミット、関連グッズの制作、観光振興などに連携して取り組む。

 ももクロメンバーが立ち寄った東近江市内の名所・太郎坊宮には今も多くのファンが訪れているといい、小椋正清市長は「市の知名度はまだ低いが、ライブでPRできた。取り組みを今後もつないでいきたい」と話した。

 市観光物産課によると、高城さんは「(開催した)どのまちも魅力的で、ファンになった。ライブがきっかけでつながりが生まれ、うれしい」と喜んでいたという。

無断転載禁止
442801 0 ニュース 2019/02/14 05:00:00 2019/02/14 05:00:00 2019/02/14 05:00:00 調印式を終えた小椋・東近江市長(左から2人目)や高城さん(同4人目)ら(埼玉県富士見市で)=東近江市提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190213-OYTNI50057-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ