読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鏡餅 積み上げる願い 石山寺

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

独特の形に積み重ねられた鏡餅(大津市で)
独特の形に積み重ねられた鏡餅(大津市で)

 年越しを前に、大津市の石山寺で30日、仏塔のように高く積み上げた独特の鏡餅(高さ約40センチ)を秘仏本尊の如意輪観音に供える「お鏡飾り」が行われた。

 本尊への鏡餅は、釈迦の遺骨を納める仏塔を模しているのが同寺の伝統。僧侶が丸餅(直径約15センチ)25個とミカン20個を交互に積み上げ、縁起物の干し柿や昆布、ダイダイも添え、5段の鏡餅を完成させた。

 丸餅は毎年、寄進されたもち米で同寺職員が手作りするが、今年はコロナ禍で餅つきができず、外注した。他の仏像やお堂など計約110か所には2~3段の鏡餅が供えられ、僧侶や職員が早朝から作業に追われた。

 鏡餅は来年1月4日の鏡開きで信者らに配る。同寺塔頭たっちゅう・法輪院の鷲尾龍華住職は「コロナ禍が早く収まり、平穏な日々を取り戻せるよう観音様に願いながらお供えしました」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1739456 0 ニュース 2020/12/31 05:00:00 2020/12/31 05:00:00 2020/12/31 05:00:00 独特の形に積み重ねられた本尊の鏡餅(大津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201230-OYTNI50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)