読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新年の無事 炎に祈り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

納められたお札などに火を付ける近江神宮の佐藤宮司(大津市で)
納められたお札などに火を付ける近江神宮の佐藤宮司(大津市で)

 小正月の15日、古い寺社のお札や正月飾りなどをき上げる行事が県内各地で営まれた。

 大津市の近江神宮では「古神札焼納祭」が行われた。お札や縁起物が山積みにされた炉の前で、佐藤久忠宮司が神仏の加護に感謝する祝詞を読み、神前で採った火をつけた。すぐさま炎が立ち上り、見学した境内にある保育園の園児約70人は「すごい」「音がポンポン鳴っている」と興味深そうに眺めていた。

 同市の三井寺(園城寺)でも「御札焼おふだやき」があった。福家俊彦長吏ら僧侶11人が読経し、お札やお守りを納めた護摩壇に点火して供養。参詣者も1人ずつ焼香し、新年の無事を祈った。

無断転載・複製を禁じます
1773707 0 ニュース 2021/01/16 05:00:00 2021/01/16 05:00:00 2021/01/16 05:00:00 保育園児らが見守る中、納められた御札などに火を付ける佐藤宮司(大津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210115-OYTNI50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)