読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

門前市 じっくり 石山寺

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

花々などを品定めする参詣客ら(大津市で)
花々などを品定めする参詣客ら(大津市で)

 観音菩薩ぼさつの縁日の18日、県内の寺院の多くで「初観音」の法要が営まれた。大津市の石山寺では、縁日に開かれる門前市「牛玉ごおうさん」もあり、農産物や季節の草花などを求める人が熱心に品定めしていた。

 「牛玉さん」は観音の愛称で、門前市の名称にもなった。昔は多くの参詣者でにぎわったが、明治時代に途絶え、地元の観光協会が1999年に復活させた。

 今年初の門前市には、米や野菜、木工作品など約20の露店が並んだ。たまごや大根などの具材に子孫繁栄などの願いを込めた「五宝おでん」も販売され、訪れた人たちは寒空の下で味わっていた。

 寺の本堂では午前10時から法要が営まれ、僧侶たちが新年の安穏を祈願した。

無断転載・複製を禁じます
1780049 0 ニュース 2021/01/19 05:00:00 2021/01/19 05:00:00 2021/01/19 05:00:00 店頭に並ぶ花々などを品定めする参詣者ら(大津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210118-OYTNI50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)