読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

息災へ心身清め 初不動

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 不動明王の縁日の28日、県内の多くの寺院で「初不動」の法要が営まれた。

 大津市の石山寺では、厄年だった空海(弘法大師)が自ら彫ったとの伝承がある重要文化財・不動明王像(平安時代)の前で、僧侶が護摩の法要に臨んだ。

 参列者の様々な願いが書かれた護摩木を僧侶が1本ずつ炉にくべると、勢いよく炎が立ちのぼった。終盤には、不動明王に供えた水を僧侶がつえの先端につけ、参列者の頭に振り掛ける「洒水しゃすい」も行われた=写真=。

 心身を清め、仏の功徳を分け与えるための作法で、参列した約20人は合掌して1人ずつ洒水を受け、新年の息災などを祈っていた。

無断転載・複製を禁じます
1805276 0 ニュース 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 僧侶(右)から洒水を受ける参列者(大津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210129-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)