読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

お釈迦さま お祝い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

花御堂の誕生仏に甘茶をかける福家長吏(大津市で)
花御堂の誕生仏に甘茶をかける福家長吏(大津市で)

 釈迦が生まれたとされる8日、県内の寺院でも誕生を祝う「花まつり」などの行事が営まれた。

 大津市の三井寺(園城寺)は、江戸時代中期に作られた小型の仏堂「花御堂」を金堂に安置し、「灌仏会かんぶつえ」と呼ばれる法要を営んだ。福家俊彦長吏(62)らが、釈迦の誕生時の姿を表した像「誕生仏」(高さ約10センチ)に甘茶をかけて遺徳をしのび、新型コロナウイルスの感染終息も祈った。

 釈迦の母は白象の夢を見て懐妊したとの伝承にちなみ、大津市仏教会は、プラスチック製の象を載せた軽トラックを走らせ、市民に「花まつり」をPRした。昨年はコロナ禍で中止したが、今年は3密を回避して実施。立ち寄り先の寺院では僧侶が読経し、記念の日を祝った。

無断転載・複製を禁じます
1972222 0 ニュース 2021/04/09 05:00:00 2021/04/09 05:00:00 2021/04/09 05:00:00 小さな誕生仏に甘茶をかける福家長吏(大津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210408-OYTNI50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)