読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

愛らしい笑顔 増えるにゃん

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

彦根市 イラスト4種から10種に

ひこにゃんの現在の公式イラスト。新たに6種が加わる予定だ=彦根市提供
ひこにゃんの現在の公式イラスト。新たに6種が加わる予定だ=彦根市提供

 彦根市のPRキャラクター「ひこにゃん」について、市は今年度、公式イラストを現在の4種から10種に増やすことを決めた。コロナ禍もあってイラストの商業利用がやや低調になっており、てこ入れを図る。

 ひこにゃんは、彦根城築城400年祭をPRするキャラクターとして2006年に誕生。グッズ販売などの営利目的でイラストや写真を使う場合、市は事業者から販売予定総額の3%にあたる使用許諾料と、商品1点ごとに1円の証紙代を徴収している。

 写真を含め、今年5月末までの使用許諾料の契約実績は計5625件。13年度の699件をピークに毎年400件台で推移していたが、コロナ禍の影響を受けた昨年度は233件にまで落ち込んだという。

 16年度にイラストを1種追加して計4種とした際には、翌17年度の業者の販売予定総額が約4800万円増える効果があったといい、今回は一挙に6種増やし、活用を促すことにした。

 市は28日、原作者への作成委託料39万円を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を市議会に提出し、即日可決された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2164000 0 ニュース 2021/06/29 05:00:00 2021/06/29 05:00:00 2021/06/29 05:00:00 現在、グッズなどを販売する際に使えるひこにゃんのイラスト4種。新たに6点が今後加わる(彦根市提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210629-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)