びわ湖大花火 中止 3年連続

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

琵琶湖上に花火が打ち上がる「びわ湖大花火大会」
琵琶湖上に花火が打ち上がる「びわ湖大花火大会」

 大津市で行われる真夏の恒例行事「びわ湖大花火大会」の実行委員会は8日、新型コロナウイルスの流行が続いている状況を踏まえ、今年度の大会を中止すると発表した。中止は2020年度から3年連続。

 大会は1984年に始まり、びわこビジターズビューローなどでつくる実行委が毎年8月に開催し、約1万発の花火を打ち上げてきた。今年度は8月8日に開催予定だったが、感染の収束が見通せず、早期に中止を判断した。

 20年度は実行委が事前告知をしないシークレットの花火大会を代替で実施した。一方、21年度は「集客なしでは観光振興につながらない。何より昔ながらの大花火大会を復活させたい」と代わりのイベントをせず、今年度も代替の大会は行わない方針という。

 実行委の川戸良幸会長は「誠に残念だが、来場者や住民の健康と安全を確保するためやむを得ない判断。ご理解をお願いする」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2906935 0 ニュース 2022/04/09 05:00:00 2022/04/09 05:00:00 2022/04/09 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220408-OYTNI50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)