新芽つやつや 大津で茶摘祭

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

茶の新芽を摘み取る中澤家元(右)と馬渕宮司ら(大津市で)
茶の新芽を摘み取る中澤家元(右)と馬渕宮司ら(大津市で)

 八十八夜の2日、日本最古の茶園と伝わる大津市坂本の日吉茶園(約110平方メートル)で「茶摘祭」が営まれた。茶園を管理する日吉大社の神職ら約50人が、日光を受けてつややかに輝く新芽を摘み取った。

 同大社の伝承では、日本茶の歴史は天台宗祖・最澄が805年、唐から茶の実を持ち帰り、坂本に植えたことに始まるという。また、日本茶が初めて登場する文献・日本後紀には、815年に大津を訪れた嵯峨天皇に煎茶が献じられたと記されており、大津は喫茶発祥の地とも考えられている。

 茶摘祭には、馬渕直樹宮司(69)や、毎年秋に同大社で献茶している「煎茶道  黄檗売茶おうばくばいさ 流」の中澤孝典家元(45)らが参加。茶業の発展を祈る神事の後、唐時代の製茶方法での喫茶再現を目指す市民らも加わり、茶葉を丁寧に摘んでいた。

 摘んだ茶は、比叡山延暦寺で最澄の命日(6月4日)に営まれる法要でも供えられる。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2969967 0 ニュース 2022/05/03 05:00:00 2022/05/03 05:00:00 2022/05/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220502-OYTNI50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)