テレワーク 米原市役所で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

共用スペース開設

米原市役所本庁舎3階にプレオープンしたコワーキングスペース「テッテワークス」(米原市で)
米原市役所本庁舎3階にプレオープンしたコワーキングスペース「テッテワークス」(米原市で)

 コロナ禍を経てテレワークが浸透したことを受け、米原市は市役所本庁舎内に、土日や祝日も使える共用のコワーキングスペース「TETTE WORKS(テッテワークス)」をプレオープンさせた。市役所本庁舎内のコワーキングスペースは、県内では初めてという。

 働く世代の「家族を気にせず自宅近くで集中して作業がしたい」「移動の合間に1時間だけウェブ会議をしたい」といった需要に着目。JR米原駅から徒歩3分の立地を生かし、テレワークしやすい環境をPRして、移住・定住者を呼び込もうと開設を決めた。

 観光案内所や市民活動スペースを備える3階に4月28日にオープン。「テッテ」の名称には「仕事してって」との呼びかけや「手と手でつながる」の意味を込めたという。

 全24席。うち22席は無料で使うことができ、飲食物の持ち込み可。残りの2席はオンライン会議にも使える個室の「テレワークブース」で1時間300円の有料だが、5月末まではお試し期間として無料で利用できる。ブースは6月以降、インターネットで事前に予約し、顔認証や認証コードで解錠するスマートキーを導入する。

 「テッテワークス」の利用時間は午前8時半~午後9時。テレワークブースは5月末までは午後5時まで。休館は年末年始(12月29日~1月3日)。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2975585 0 ニュース 2022/05/06 05:00:00 2022/05/06 05:00:00 2022/05/06 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220505-OYTNI50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)