感謝の再会 サトウさんと

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

彦根に避難 ウクライナ女性

 ウクライナから彦根市に避難したイリーナ・ヤボルスカさん(50)、母のギャリーナ・イバノバさん(80)と、道中の空港で2人を手助けした「サトウさん」の再会が実現した。大阪府吹田市の高校非常勤講師、佐藤栄一さん(54)で、煩雑な入国手続きに付き添うなど、日本語や英語が話せない2人を献身的にサポートした。8日に対面したイリーナさんたちは「困難な時に手を差し伸べてくれてありがとう」と抱擁を交わした。(松久高広)

声かけ入国手続き助ける

佐藤さん(左)と再会したギャリーナ・イバノバさん(右端)とイリーナ・ヤボルスカさん(8日、兵庫県西宮市で)
佐藤さん(左)と再会したギャリーナ・イバノバさん(右端)とイリーナ・ヤボルスカさん(8日、兵庫県西宮市で)
来日し、娘のカテリーナさん(右端)に出迎えられるイリーナさん(右から2人目)。佐藤さん(左端)は入国までの過程をサポートした(3月22日、関西空港で)=里見研撮影
来日し、娘のカテリーナさん(右端)に出迎えられるイリーナさん(右から2人目)。佐藤さん(左端)は入国までの過程をサポートした(3月22日、関西空港で)=里見研撮影

 イリーナさんたちは3月下旬、ウクライナ東部のハルキウ(ハリコフ)から、彦根市に住む娘のカテリーナさん(31)夫妻を頼って来日。直後の記者会見で「サトウさん」と名前を挙げ、感謝を述べていた。

 佐藤さんはアマチュアの「芦屋交響楽団」(兵庫県芦屋市)のホルン奏者で、研さんのため定期的にチェコを訪れている。

 3人の出会いは同21日、オランダ・アムステルダムの空港。イリーナさんらはポーランド、佐藤さんはチェコから乗り継ぎ、関西空港行きの飛行機の搭乗口で居合わせた。すぐ後ろでウクライナ語が聞こえ、佐藤さんから2人に、単語が似ている近隣国のチェコ語で「ドブリーデン(こんにちは)」と話しかけた。

 関空行きの便は韓国・ 仁川インチョン 空港でトランジットすることになっていた。経緯を知らず、不安そうに機内にとどまるイリーナさんらと目が合った佐藤さんは「空港での保安検査が必要ですよ」と伝えて同行した。「『助けてあげよう』とかではなく、『自分も一緒に行けばいいか』という気持ちだった」と振り返る。

 関空には22日午後5時50分頃に到着した。入国者はそれぞれスマートフォンに新型コロナウイルス対策アプリを入れる必要があるが、2人にはインストールできるスマホがなかった。佐藤さんは検疫所の係官と交渉し、料金を立て替えて2人のためのスマホをレンタルすることで解決した。

 道中で「ハルキウから来た」「爆弾が落ちてきた」などの境遇を聞いた。佐藤さんは手荷物受取所でカートを用意しようとしたが、2人には機内に持ち込んだバッグなどの手荷物が全て。「戦禍を逃れる途上なのだと改めて実感した」という。

 イリーナさんらには、佐藤さんがチェコ語で話す「心配しないで。私が最後までサポートします」という言葉が心強かった。荷物を持ち、水を買ってくれるといった気遣いに感動し「助けがなければ日本にたどり着けなかった」と語る。

 到着口で娘夫婦と合流できたのは午後10時過ぎ。飛行機を降りてから4時間あまりが経過していた。

       ◇

 今月8日、兵庫県立芸術文化センター(西宮市)で開かれた楽団のコンサート。出演者の佐藤さんは、空港で連絡先を交換したカテリーナさんの夫・菊地崇さん(28)を通じて一家を招待し、関空以来となる対面が実現した。

 コンサート直前、イリーナさんは感極まった表情で「また出会えてうれしいです」と伝えた。クレープで食材を包むウクライナの国民食「ブリンチキ」のキッチンカーを計画中で、「楽団の皆さんに」と持参。受け取った佐藤さんは「必ずお店に行きます」と約束した。この後、一家は楽団の演奏を鑑賞した。

 佐藤さんは「私もチェコに様々な国籍、民族の友人がおり、多くの人に助けられてきた。ウクライナやロシアにとどまらず、全ての国の人が安心して生活できる世界になってほしい」と願っていた。

キッチンカーCF 目標360万円達成

 イリーナ・ヤボルスカさんがウクライナの家庭料理「ブリンチキ」を販売するキッチンカー出店のため準備資金を募っていたクラウドファンディング(CF)が、12日に目標の360万円を達成した。資金は必要機材の購入などに充てる予定で、5月末に国宝・彦根城周辺でのプレオープンを目指す。

 得意な料理を生かし、自立した生活の実現と、日本で受けた手厚い支援に対する「恩返し」をしようと企画。ブリンチキは、包む具材によってデザートにも食事にもなる。

 CFは2日から仲介サイト「キャンプファイヤー」でスタート。達成時点で約500人の支援が集まり「家族で食べに行きます」「ウクライナの人々に平和が訪れますように」などのコメントが寄せられた。軌道に乗れば他の避難民らと協力し、全国で2、3店舗目の出店も視野に入れている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2995681 0 ニュース 2022/05/13 05:00:00 2022/05/13 15:54:23 2022/05/13 15:54:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220513-OYTNI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)