曲技飛行 高島の空高く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

8月7日、自衛隊フェスタ

記念行事で高島市に飛来するブルーインパルス(航空自衛隊のホームページより)
記念行事で高島市に飛来するブルーインパルス(航空自衛隊のホームページより)

 高島市に8月7日、航空自衛隊松島基地所属の飛行アクロバットチーム「ブルーインパルス」が飛来する。今年、同市にある陸上自衛隊今津駐屯地が創立70年、空自 饗庭野あいばの 分屯基地が同50年の節目にあたり、記念行事のメインイベントとして展示飛行が決まった。

 記念行事は「自衛隊フェスタ50・70in滋賀高島」。市や市商工会、びわ湖高島観光協会など17団体でつくる実行委が主催する。今津総合運動公園(高島市今津町日置前)を主会場とし、行事を通して隊員と地域住民の交流をさらに深め、市の観光資源や物産を広くアピールする狙いがある。

 ブルーインパルスは午後に登場。6機編隊で15~20分程度飛行する。「密」を避けるため、同運動公園のほか、今津浜水泳場(同市今津町浜分)、今津港(同市今津町今津)、メタセコイア並木(同市マキノ町)など、市内の観光地をカバーするルートを検討中。詳細は今月下旬、高島市のホームページで発表される。

 同運動公園では、自衛隊の車両や装備の展示と地元の物産展を実施。高島市民会館(同市今津町中沼)では午前9時半から、記念式典と陸自中部方面音楽隊の演奏がある。問い合わせは実行委事務局の市企画広報課(0740・25・8130)。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3092995 0 ニュース 2022/06/18 05:00:00 2022/06/18 05:00:00 2022/06/18 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220618-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)