鉄人494人熱いレース 守山、野洲

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

湖畔を懸命に走る参加者(守山市で)
湖畔を懸命に走る参加者(守山市で)

 トライアスロンの「LAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMA」の第2回大会が2日、守山、野洲両市内で開かれ、酷暑の中、県内外の計494人が湖畔のコースで力走を披露した。

 この日の県内最高気温は東近江、大津両市の37・3度。午前5時には気象庁が県内に熱中症警戒アラートを発令したため、スイム1・9キロ、バイク(自転車)73キロ、ラン(マラソン)20キロのうち、バイクが58キロ、ランが12キロに短縮された。

 参加者は午前7時、スイムからスタートし、両市内の湖畔や田園地帯、野洲川堤防で汗を拭いながら懸命に走り、途中、歩いて息を整えてゴールを目指した。大会本部によると、19人がリタイアしたが、熱中症になった人はいなかった。

 初回大会に続いて最高齢参加者の佐藤良治さん(82)(大津市)は、大事を取ってスイムをせず、バイク、ランのデュアスロンで完走。「想定を超える暑さで、しんどかった。バイクの後、左足がけいれんしたが、精神力で走った。日頃からあまり冷房に頼らず、筋肉を動かす生活を心がけている」と笑顔で話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3135729 0 ニュース 2022/07/03 05:00:00 2022/07/03 05:00:00 2022/07/03 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220703-OYTNI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)