血統偽り子犬販売容疑

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県警と近江八幡署 ブリーダー書類送検

 犬のオークションで、「チャンピオン犬の子」と血統を偽り、子犬を販売するなどしたとして、県警生活環境課と近江八幡署は5日、東近江市のブリーダーの男(63)を不正競争防止法違反などの容疑で書類送検した。

 発表によると、男は昨年7~10月、大阪府内で行われたオークションに、ヨークシャーテリアとビションフリーゼ(2匹)の子犬計3匹を出品。品評会などで優秀と認められたチャンピオン犬の子と偽って計約70万円で販売し、不正に利益を得た疑い。

 調べに対し、男は血統を偽った理由を「定期的にチャンピオン犬の子犬を出品することで信用を得られ、他の犬も売りやすくなるため」と説明したという。

 男は竜王町内で犬舎を運営。ほかにも、昨年11月9日、飼育する約200匹を町に登録せず、約190匹に対する狂犬病の予防接種を怠った狂犬病予防法違反と、昨年10月5日頃、獣医師資格を持たないのに他の感染症予防ワクチンを自ら犬3匹に打った獣医師法違反の両容疑でも書類送検された。「お金と手間がかかり、面倒だった」と、両容疑については認めている。

 県警によると、昨年9月、動物愛護団体が「登録や狂犬病の予防接種をしていない犬がいる」と同署に告発していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3144516 0 ニュース 2022/07/06 05:00:00 2022/07/06 05:00:00 2022/07/06 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)