読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「練乳派」黙らす 熟した甘さ・・・安来のイチゴ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

石橋さんが丹精を込めて育てた紅ほっぺ。ハウスの中は甘い香りで満たされている(安来市で)
石橋さんが丹精を込めて育てた紅ほっぺ。ハウスの中は甘い香りで満たされている(安来市で)
安来産の紅ほっぺと、「いちごとうふ」(右)やどら焼き
安来産の紅ほっぺと、「いちごとうふ」(右)やどら焼き

 ◇長期間育成 近郊のみ流通

 安来市下坂田町のビニールハウスでは今、青々と生い茂る葉の下で真っ赤に実った粒が並ぶ。生産者の石橋賢一郎さん(29)が熟した実から摘み、あっという間に箱は大粒のイチゴでいっぱいになった。

 石橋さんはハウス3棟で「紅ほっぺ」を育てる。「甘いのはもちろんですが、ほどよい酸味もあり、バランスがいい」。誇らしげに語り、「そのままが一番。まずは一つ食べてみて」。

 赤く熟し、大きい粒を一つ、口に入れると、みずみずしさに驚いた。そしてほどよい酸味、熟した甘みが追いかけてくる。練乳派の記者も、「これには何もつけたくない」と思った。

 イチゴの収穫は11月に始まり、翌年6月まで続く。特に寒い冬場を乗り越えて熟れた粒をつける2月初めに収穫するものは甘く大きく育つという。ハウス内では炭酸ガスの濃度を調整して光合成を促す。山陰特有の日照時間の少なさを逆手に取り、時間をかけて育てることで、その長い熟成期間が甘みを強くする。

 県農業協同組合やすぎ地区本部によると、同市では中海沿岸を中心に66人が「紅ほっぺ」「章姫あきひめ」「かおり野」などを生産。一昨年は規格品のパックなど約150トンを出荷、約1億8000万円を売り上げた。

 安来イチゴの特色は「完熟収穫」。イチゴは流通を考慮して完熟より早く収穫するが、安来ではぎりぎりまで熟すのを待つ。地元を中心に松江など近郊のみへの出荷となるが、同本部生産流通課の黒田真一係長は「知る人ぞ知るおいしいイチゴとして、消費者の評価は高い」と胸を張る。

 市は2014年、市内の女性有志で「いちご女子会」を結成、イベントなどで積極的にPRする。同本部でも、「規格落ち」のイチゴをペーストにして利用することを発案。内側まで赤く熟する紅ほっぺのペーストはきれいなピンク色になり、加工に適する。

 女子会とイチゴペーストのコラボでジャムやクッキー、カレーなどの加工品が誕生し、現在は約40種が販売されている。市観光協会職員で「いちご女子会」メンバーの小草里香さん(56)は「安来のイチゴの魅力は産地でしか味わえない完熟の甘さ。観光で来る女性にも大人気」と話す。

 小草さんお薦めの「いちごとうふ」を試してみた。市内の老舗豆腐店「角久すみきゅう」が販売する商品で、市内産の大豆で作った豆乳にイチゴのペーストをブレンドした。食べると大豆のしっかりした味わいを舌で感じ、イチゴのさわやかな香りが鼻に抜けた。「野菜とサラダにして、オリーブオイルをかけてもおいしいかも」

 代表取締役の角与志男さん(63)は「温かい豆乳にイチゴのペーストを混ぜると香りが引き立つ」と話す。

 安来のイチゴ農家にも高齢化の波は及ぶが、同本部が相談会を開くなどして、5年間で5人が新たに就農した。その1人である石橋さんは「自分の作るイチゴが一番おいしいと思う。親ばかですかね」と笑う。来年度にはハウスをさらに増やすという。これからも甘いイチゴが楽しめそうだ。(土谷武嗣)

無断転載・複製を禁じます
14090 0 食彩記 2018/03/25 05:00:00 2018/03/25 05:00:00 赤く熟したイチゴ(安来市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180324-OYTAI50002-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)