幸せ 運んできた

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

田んぼから飛び立つコウノトリ(4日午前、浜田市で)
田んぼから飛び立つコウノトリ(4日午前、浜田市で)
鋭いくちばしを田んぼに向けて餌を探す(4日午前、浜田市で)
鋭いくちばしを田んぼに向けて餌を探す(4日午前、浜田市で)
羽を大きく広げ、飛び立とうとする(4日午前、浜田市で)
羽を大きく広げ、飛び立とうとする(4日午前、浜田市で)

 今月4日午前、浜田市内の田園地帯。1羽のコウノトリが餌を探していた。田んぼに突っ込んだ鋭く長いくちばしを揺らしたり、あぜの草むらをつついたり。しばらくして、別の田んぼに飛び立っていった。

 「コウノトリが飛来している」。読者の農業男性(79)から情報が寄せられたのは、2日のこと。駆けつけた3日は空振りに終わり、“捜索2日目”のことだった。

 地元住民によると、コウノトリは少なくとも5月下旬にはおり、2羽でいることもあったという。一帯では、農家の住民らが「一緒に農作業をしているみたい」と目を細め、餌を探す姿を温かく見守っている。

 県立三瓶自然館サヒメル(大田市)によると、この1羽は、昨年4月に兵庫県豊岡市で 孵化ふか し、同年6月に巣立った雌。個体識別の 足環あしわ で分かるらしい。巣立ちから1年半は放浪の時期にあたり、浜田にたどり着いたようだ。

 目撃情報を共有する民間のウェブサイト「コウノトリ市民科学」というものもある。それによると、この1羽は豊岡市を経て昨年7、9月に雲南市、同10月に鳥取県で確認されている。以降は今年3月まで豊岡市内を転々としている。

 コウノトリは肉食性でカエルやヘビ、ドジョウなどを1日1キロ・グラム程度食べるのだとか。「長期間の滞在は、自然が豊かということでもある」と学芸課企画幹で鳥類担当の星野由美子さん。「地域の方々には『身近な住民が遊びに来た』という感覚で見守って」と呼びかける。(佐藤祐理)

 「ジニスル」は、記者が目にした絵になる風景やユニークな出来事を、写真と共に「字にする」企画です。随時、掲載します。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3064456 0 ジニスル-島根画稿- 2022/06/08 05:00:00 2022/06/08 05:00:00 2022/06/08 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220607-OYTAI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)