ついつい探しちゃう

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

玉造温泉街に設置された「ややおせっかいな看板」(松江市で)
玉造温泉街に設置された「ややおせっかいな看板」(松江市で)
「つり橋効果発動中」と書かれた看板の下には「ドキドキ感で急接近!?」とある(松江市で)
「つり橋効果発動中」と書かれた看板の下には「ドキドキ感で急接近!?」とある(松江市で)
足湯での撮影マナーを呼びかける看板。定番のギャグはマナー違反となる(松江市で)
足湯での撮影マナーを呼びかける看板。定番のギャグはマナー違反となる(松江市で)

 「玉造のおいしい空気 無料!! FREE」

 松江市玉湯町の玉造温泉街。玉湯川沿いの木にかかる看板だ。自然の空気が有料であってなるものか。そりゃそうでしょ。心の中で突っ込んでしまった。

 文字と一緒に描かれるのは、東京五輪開会式でも注目を集めたピクトグラム。両手を広げ、深呼吸をする人物がデザインされている。松江観光協会玉造温泉支部が観光客向けに設置した。

 シリーズは「ややおせっかいな看板」と銘打ち、全部で9種類ある。テーマは「目立ちすぎずにクスッと笑えるもの」だそうだ。いずれも、誰かに話したくなるような内容ばかり。

 例えば、欄干が低い昔ながらの橋近くの看板には「まよわず渡ろう!? つり橋効果発動中」。つり橋効果とは、つり橋を渡る際のドキドキ感を他人への好意として脳が錯覚してしまう心理現象のことだ。天然の化粧水として湯を持ち帰ることができる湯薬師広場には「熱いよ」とあり、上部に「おもったより」の小さい文字が。

 同支部事務局次長の下山嘉真さん(27)は「意外と考えてるんですよ」と自負する。先の「おいしい空気」は豊かな自然があってこそ。観光客にPRしたい玉造の魅力の一つだ。

 「伊勢神宮はお参りされましたか?」との看板には、方向を指す矢印と「およそ480km」。さすがに「ふざけ過ぎでは?」と思いきや、小さく「一生に一度はお伊勢参り 一生に何度も玉造」とあった。なるほど、それを言いたかったのか。

 川沿いに旅館が並ぶ温泉街の風情を損なわないよう、配置場所も工夫している。中にはなかなか見つけられない“レアもの”も。でも一度目にすると、誰かに伝えたくなる内容が好評のようだ。ネット上では、設置場所の地図が出回るほどの人気ぶりらしい。(玉田響子)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3079804 0 ジニスル-島根画稿- 2022/06/14 05:00:00 2022/06/14 05:00:00 2022/06/14 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220613-OYTAI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)