巡り巡って 西ノ島の僧に

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ミツバチの巣箱を点検する柴田さん(右)と口村さん(西ノ島町浦郷で)
ミツバチの巣箱を点検する柴田さん(右)と口村さん(西ノ島町浦郷で)

 

大工→接客業→宿坊で働き興味

 

東京出身柴田さん 「受けた恩周りに返す」

 後継者の確保に苦慮していた西ノ島町浦郷の真言宗の寺院「常福寺」に、東京都足立区出身の副住職、柴田照輝さん(32)が着任して4月で1年になる。元は大工だったが、独立に向けて接客業を経験。和歌山県高野町の宿坊で働くうち、仏教に興味を持って僧侶の道に進んだ。常福寺の檀家だんかは、寺の後継者が出来たことで「これで安心」と喜んでいるという。(佐藤祐理)

 柴田さんは木造大工にあこがれ、高校卒業後は都内の工務店に大工として就職した。3年働いた後、独立時に備えて「営業力を養いたい」と退職。インターネットの営業や飲食店での接客が楽しくなり、新たな分野にも挑戦しようと2011年3月、高野町の宿坊で働き始めた。

 高野山の寺を訪ねる客らに説明できるようにと、休日には朝の法話を聞きに行った。「死んでから仏になるのではなく、今生きている間に仏になるのです」。僧侶が話す真言宗の教えを知り、「生きている間に仏になったらどんな経験ができるのだろう」と僧侶の仕事に興味を持ち始めた。

 信仰心がないのに、僧侶を目指していいのだろうか。そんな迷いもあり、14年春に四国八十八か所霊場巡りを始めた。野宿を続け、生活費は1日500円。もらったミカンや道端の草を食べながら歩き、体重は7キロ減の57キロになった。

 35日で結願したが、達成感はなかった。それより焼き肉をごちそうしてくれたり、自宅に泊めてくれたりした見知らぬ人への感謝でいっぱいだった。

 「助けてくれた人への恩返しはできないが、受けた恩を周りの人に分けることはできる。人に優しくすることで恩返しをしたい」

 そのまま高野山へ向かい、自身で寺を見つけて、修行を始めた。15年2月に得度。僧侶になるために高野山専修学院で1年間学んだ。

 僧侶としての就職先を探す中、知人の紹介で出会ったのが常福寺の住職・口村光房さん(77)だった。口村さんは町内に住む長男(51)と三男(39)が寺には関心がなく、母校の高野山高校(和歌山県)時代の知人に後継者探しを依頼していた。

 16年夏、島を訪れた柴田さんは「この島なら生活できそう」と感じた。年1、2回、島に来て口村さんを手伝うようになり、18年4月、副住職として着任した。

 檀家が少ないため、柴田さんは副収入を得るため大工の手伝いや高齢者らの庭や畑の草刈りなども行う。口村さんが始めた養蜂も手伝い、集めたハチミツは西ノ島町のふるさと納税の返礼品になった。「自分ができることをすることが、今までの恩返しにもつながる」と柴田さんは話す。

 口村さんは、「ここでは一人の人間の存在が大きい。柴田君が来てくれたことが檀家や住民の安心感にもつながっている」と喜んでいる。

435141 0 ニュース 2019/02/08 05:00:00 2019/02/08 05:00:00 2019/02/08 05:00:00 ニホンミツバチの巣箱を点検する柴田さん(右)と口村さん(西ノ島町浦郷で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190207-OYTNI50051-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ