読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

御将印 忍者文字の謎?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スタンプの台帳(右)とスタンプラリー達成者に贈られる忍者印(松江市で)
スタンプの台帳(右)とスタンプラリー達成者に贈られる忍者印(松江市で)

 松江城や月山富田城でラリー

 暗号の「忍者文字」を解読してスタンプを集める「忍者文字御将印ごしょういんスタンプラリー」が「城(し・ろ)の日」の6日、松江市の松江城や安来市の月山富田城の周辺施設などで始まった。

 江戸初期の絵図で、松江城下に忍者が住んでいたとの記述があることから、松江観光協会が企画。スタンプラリーは、登城証明「御城印ごじょういん」の武将版・御将印を、忍者が忍者文字に書き換えてしまい、解読を参加者に求めるというストーリー。

 参加者は、スタンプ設置場所で台帳(税込み100円)を購入して押印後、解読表を使い、忍者文字で書かれたゆかりの武将名を読む。全4か所の答えを専用用紙に記して応募すると、限定の忍者印がもらえる。

 スタンプ設置場所は▽ぶらっと松江観光案内所(松江城内)▽塩見縄手・いっぷく処清松庵(松江市北堀町)▽安来市立歴史資料館(安来市)▽米子まちなか観光案内所(鳥取県米子市)。

 同協会の金山正樹事務局長は「忍者体験を通じ、松江にも忍者がいたと知ってほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1966226 0 ニュース 2021/04/07 05:00:00 2021/04/07 05:00:00 2021/04/07 05:00:00 ポケット式の御将印帳にもなったスタンプ帳(右)とスタンプラリー達成者にプレゼントされる限定の忍者印(松江市殿町のぶらっと松江観光案内所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)