読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

亀山城跡 見晴らし再現

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

江の川を一望できる亀山城跡(江津市で)
江の川を一望できる亀山城跡(江津市で)
良好な状態で残る亀山城跡の石垣(3月27日、江津市で)
良好な状態で残る亀山城跡の石垣(3月27日、江津市で)

 住民グループ 竹伐採、遊歩道に案内板

 戦国時代から地域を見守ってきた江津市本町地区の「亀山城跡」を古里教育に生かそうと、住民グループなどが遊歩道を整備した。標高約40メートルの城跡頂上からは、雄大な江の川や赤瓦の街並みの眺望を堪能でき、往時に思いをはせられる。(佐藤祐理)

 市によると、城跡は広さ約8200平方メートル。戦国時代に社領支配権などを掌握した豪族・都野氏の居城があった場所で、曲輪くるわや石垣などの遺構が残る。

 江の川河口近くに位置するため、川と海の舟の交通の要衝として栄え、江戸時代には頂上に住吉社が建立され、人々が商売繁盛や舟の安全祈願に訪れたという。明治後期の1905年頃には登り口近くに豪商・飯田家の別邸「二楽閣じらっかく」が築かれ、地域のシンボルに。1960年代頃までは住民の憩いの場になっていた。

 住民グループ「本町地区歴史的建造物をかしたまちづくり推進協議会」の村川立美事務局長(72)は「娯楽が少ない中、子ども時代に相撲を取った懐かしい遊び場だった」と振り返る。ただ、次第に城跡に登る人が減り、いつの間にか竹やぶで覆われていたという。

 地区には、石見焼の登り窯跡や荷物を運ぶ牛をつないだ鼻ぐり石など、徒歩で巡れる歴史的見所が多い。同協議会は亀山城跡を散策路に組み込み、地域の歴史に触れられる場にしようと、所有者の許諾を得て昨年10月に竹を伐採。今年3月には約250メートルの遊歩道を整備し、案内板を設けた。

 3月27日にはお披露目会があり、住民が頂上からの景色を楽しんだ。協議会の黒川聡会長は「本町の歴史を見届けてきた亀山城跡のすばらしい見晴らしが再現できた。登って昔を思い出したり、古里教育に役立てたりしてもらい、次代につなげたい」と意気込んだ。

無断転載・複製を禁じます
2012805 0 ニュース 2021/04/27 05:00:00 2021/04/27 05:00:00 2021/04/27 05:00:00 江の川を一望できる本町亀山城跡(江津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYTNI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)