読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

銀に輝く 迫力のツノ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大田市の県立三瓶自然館サヒメルに、カブトムシの姿をした高さ6メートルの金属製巨大彫刻がお目見えした=写真=。今月17日に始まる企画展「THE 昆虫展」のPRで設置され、来館客の目を楽しませている。

 同館の正面玄関前などに、カブトムシやクワガタムシ、オトシブミの計5体を展示。全て長野県安曇野市のステンレス彫刻作家、中嶋大道氏が手がけた作品で、島根での展示は初めて。

 同館学芸課の皆木宏明企画幹は「小さな昆虫が、迫力ある姿で再現されている。彫刻で昆虫に興味を持ってもらえたら」と話す。

 昆虫彫刻は8月末まで展示され、自由に鑑賞したり、写真を撮ったりできる。問い合わせは同館(0854・86・0500)へ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2168337 0 ニュース 2021/07/01 05:00:00 2021/07/01 05:00:00 2021/07/01 05:00:00 サヒメルにお目見えした高さ6メートルのカブトムシの彫刻(大田市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYTNI50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)