読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

江の川水位 避難目安に…浜田河川事務所 データ公表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

冠水した江の川沿いの道路。上流で大雨が降ると数時間後に水位が上がる(2020年7月14日、川本町で)
冠水した江の川沿いの道路。上流で大雨が降ると数時間後に水位が上がる(2020年7月14日、川本町で)

 上流の状況 注意向けて

 国土交通省浜田河川国道事務所が、江の川が増水した際に上流の観測所の水位を基に、下流域で何時間後にどの程度水位が上昇するかや浸水被害の恐れなどについて、各観測所の水位の目安をまとめた。流域住民の早めの避難行動に生かしてもらうのが狙いだ。(佐藤祐理)

 中国地方最大の河川・江の川は流域面積が広く、上流の広島側で大雨となった際、下流の島根側は降雨がなくても水位が上がり、浸水被害に悩まされてきた。

 同事務所は、江の川上流の水位を考慮した対策を講じてきたが、避難行動などの目安の一つにしてもらおうと、データを初めて整理した。目安の水位には、昨年7月豪雨のデータを用い、下流で水位が上昇する時間は、2018年の西日本豪雨と昨年7月豪雨を参考にして算出した。

 目安の一例では、それぞれ水位観測所の地点で、広島県三次市の尾関山で水位が11・03メートルになると、川本町の川本で3時間50分後に10・63メートルに到達。江津市の川平では7時間20分後に11・53メートルとなり、同市川平町南川上などで家屋浸水が発生する可能性がある。

 また、江の川周辺の地区が浸水する恐れがある水位の目安もまとめた。川本(氾濫危険水位8・6メートル)で9・18メートルになると、川本町谷戸、10・75メートルで同町谷で被害の恐れがあり、江津市の谷住郷(同9・2メートル)では9・87メートルに達すると、同市桜江町田津、12・63メートルまで上昇した場合は、同町大貫で浸水の懸念がある。

 雨の降り方によって、水位の上昇時間は異なる可能性がある。同事務所の大元誠治副所長は「自治体の避難指示などに従うのが基本だが、上流の状況が、避難準備の参考になることを知ってほしい」と話す。

 河川の水位は、県水防情報システム(https://www.suibou-shimane.jp/pc/)や、国交省の「川の防災情報」(https://www.river.go.jp/)で確認できる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2196695 0 ニュース 2021/07/11 05:00:00 2021/07/11 05:00:00 2021/07/11 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210710-OYTNI50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)