読売新聞オンライン

メニュー

江の川シシ肉 ブランド化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「江の川Shishi」を使った定食と佃煮を紹介する植田常務(江津市で)
「江の川Shishi」を使った定食と佃煮を紹介する植田常務(江津市で)

 江津の企業 加工販売

 定食メニューと佃煮開発

 ブランド豚肉「江津まる姫ポーク」を手がける江津市の「浅利観光」が、市内外で捕獲されたイノシシのブランド化に乗り出している。自社で処理したシシ肉を「江の川Shishi(シシ)」と命名。市内の商業施設「神楽の里 舞乃市」で新たなイノシシ料理を提供しているほか、焼き肉セットの販売も予定している。(佐藤祐理)

 江津市桜江町では2004年から、「 いのしし 加工販売センター」がイノシシの解体や加工を行っていた。だが関係者が高齢化していることなどから今年4月、浅利観光が事業を譲り受けた。

 センターの関係者から解体処理を教わり、臭みのない肉に仕上げる技術を磨いている。扱うイノシシは、江の川沿いなどでの捕獲が多いため、江の川Shishiと名付けた。

 イノシシ肉を身近に感じてもらえるようにと、デミグラスソースと合わせたメニューを開発。「神楽の里 舞乃市」にある大黒食堂では6月下旬から、「ハッシュドShishi定食」(税込み1320円)として提供している。

 コリアンダーやターメリックなど4種類のスパイスを使ったソースに、肉と地元産タマネギを焼いて絡めたこくのある味だ。

 また、肉をしょうゆとみりんでしっかり煮込んだ 佃煮つくだに (120グラム入り、税込み702円)も商品化。家庭でも親しんでもらうのが狙いという。同社が販売する「江津まる姫ポーク」の佃煮の姉妹品として、食べ比べがお勧めという。

 同社によると、コロナ禍の影響もあり、事業譲渡前の同センターでは昨年、例年よりも少ない約60頭のイノシシを処理した。取扱量を徐々に増やし、今年は90頭、3年後には150頭程度を目標にしている。

 今後は、精肉としての認知度も高めるため、焼き肉やしゃぶしゃぶ用も販売する予定だ。また3~10月の駆除期の肉はこれまで廃棄されていたが、脂身が少ないことに着目。レトルト食品や犬のペットフードへの加工を視野に開発を進めていく。

 同社の植田智之常務は「イノシシの受け入れ量を増やして農作物被害に遭っている農家を守りたい。年間を通じて商品を提供し、今まで食べたことのない人にも味わってほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
2222531 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 「ハッシュドShishi定食」と「江の川Shishiの佃煮」を紹介する植田常務(江津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)